研究業績

原著論文 | その他著作物(総説,書籍など) | 招待講演(国際) | 招待講演(国内) | 口頭発表(国際) | 口頭発表(国内) | ポスター発表(国際) | ポスター発表(国内) | 受賞 | 報道 | その他

原著論文

  1. I-Fan Lin, Sadao Hiroya, Kosuke Asada, Satsuki Ayaya, Shinichiro Kumagaya, and Masaharu Kato,” Vocal analysis of speech in adults with autism spectrum disorders,”Acoustical Science and Technolog, vol.39, no. 2, pp. 154-157, 2018.
  2. Kentaro Katahira, Yuichi Yamashita, “A theoretical framework for evaluating psychiatric research strategies,”Computational Psychiatry, vol. 1, pp.184-207, 2017.
  3. Eiji Aramaki, Shuko Shikata, Satsuki Ayaya, and Shinichiro Kumagaya, “Crowdsourced identification of possible allergy associated factors: automated hypothesis generation and validation using a crowdsourcing services,”JMIR Research Protocols, vol. 6, no. 5, e83, 2017.
  4. Toshio Inui, shinichiro Kumagaya, and Masako Myowa-Yamakoshi, “Neurodevelopmental hypothesis about the etiology of autism spectrum disorders,”Frontiers in Human Neuroscience, vol. 11, 354, 2017.
  5. Hiroshi Fukuyama, Shinichiro Kumagaya, Kosuke Asada, Satsuki Ayaya, and Masaharu Kato, “Autonomic versus perceptual accounts for tactile hypersensitivity in autism spectrum disorder,”Scientific Reports, vol. 7,no. 1, 8259, 2017.
  6. Kosuke Asada, Yoshiyuki Tojo, Koichiro Hakarino, Atsuko Saito, Toshikazu Hasegawa, and Shinichiro Kumagaya, “Body image in autism: Evidence from body size estimation,”Journal of Autism and Developmental Disorders, vol.48, no.2, pp. 611-618, 2017.
  7. Takato Horii, Yukie Nagai, and Minoru Asada , “Active Perception based on Energy Minimization in Multimodal Human-robot Interaction,” in Proceedings of the 5th International Conference on Human-Agent Interaction, pp. 103-110, October 2017.
  8. Jimmy Baraglia, Maya Cakmak, Yukie Nagai, Rajesh P. N. Rao, and Minoru Asada, “Efficient human-robot collaboration: When should a robot take initiative?,”The International Journal of Robotics Research, vol. 36, no. 5-7, pp. 563-579, June 2017.

その他著作物(総説,書籍など)

  1. 長井志江, “認知ミラーリング:認知過程の自己理解と社会的共有による発達障害者支援,”生体の科学, vol. 69, no. 1, pp. 63-67, 2018年2月.
  2. 荒牧英治 (奥村学監修), “自然言語処理シリーズ 医療言語処理,”コロナ社, 2017年
  3. 熊谷晋一郎(編), “臨床心理学増刊号第9号: みんなの当事者研究,”東京: 金剛出版, 2017年
  4. 田部絢子, 髙橋智, “発達障害児の「食」の困難・ニーズの実態と支援の課題―都内小・中学校特別支援学級・通級指導学級、知的障害特別支援学校への質問紙法調査から―,”東京学芸大学紀要総合教育科学系Ⅱ, vol. 68, pp. 81-113, 2017年.
  5. 柴田真緒, 髙橋智, “発達障害者の睡眠困難と支援に関する研究―発達障害の当事者調査から―,”東京学芸大学紀要総合教育科学系Ⅱ,vol. 68, pp. 43-79,2017年.
  6. 髙橋智, 柴田真緒, “当事者の手記から探る発達障害の睡眠困難の実態と支援に関する研究,”東京学芸大学紀要総合教育科学系Ⅱ, vol. 68, pp. 25-42, 2017年.
  7. 髙橋智, “高校における発達障害等の発達困難を有する生徒の支援,”教育と医学, vol. 65, no. 2, pp. 40-47, 2017年.
  8. 国立障害者リハビリテーションセンター研究所・自立支援局, “ニーズ&アイデアフォーラム(NIF) 2014-2017 医療・福祉系、デザイン系、工学系の学生混成チームによる自立を支援する機器へのアイデアと作品,”2017年.
  9. 田部絢子, 髙橋智, “発達障害児者の「食」の困難・ニーズと支援に関する調査研究報告書―第2報―,”大阪体育大学教育学部田部絢子研究室、2017年
  10. 綾屋紗月, 上岡陽江, “発達障害と依存症の仲間が交差するところ――私たちのコミュニケーション方法の開拓と継承,”現代思想, vol. 45, no. 15, pp. 161-185, 2017年.
  11. 熊谷晋一郎, “自閉スペクトラム症の社会モデル的な支援に向けた情報保障のデザイン:当事者研究の視点から,”保健医療科学, vol. 66, no. 5, pp. 532-544, 2017年.
  12. 長井志江, “ASD視覚体験シミュレータ,”「臨床心理学」増刊第9号「みんなの当事者研究」, pp. 192-196, 2017年8月.
  13. 長井志江, “計算論的視点から見た感覚・運動統合の重要性と残された課題,” ベビーサイエンス, vol. 16, pp. 50-51, 2017年3月.

招待講演(国際)

  1. Yukie Nagai, “Robots that Learn to Interact with Others Like Infants,” University of Twente, Enschede, Netherlands, February 22, 2018.
  2. Yukie Nagai, “Predictive Learning: A computational theory that accounts for social cognitive development,” Paderborn University, Paderborn, Germany, February 20, 2018.
  3. Yukie Nagai, “Predictive Learning: A computational theory that accounts for social cognitive development,” Max Planck Institute for Human Cognitive and Brain Sciences, Leipzig, Germany, February 16, 2018.
  4. Yukie Nagai, “Predictive Learning: Computational theory that solves the puzzle of cognitive development,” The 1st International Symposium on Systems Intelligence Division, Osaka, Japan, January 20-21, 2018.
  5. Yukie Nagai, “Mental Simulation Based on Crossmodal Learning,” ICDL-EpiRob2017 Workshop on Computational Models for Crossmodal Learning, Lisbon, Portugal, September 18, 2017.
  6. Yukie Nagai, “Development of Social Self through Predictive Learning,” ICDL-EpiRob2017 Workshop on the Development of the Self: from self-perception to interaction under uncertainty, Lisbon, Portugal,September 18, 2017.
  7. Yukie Nagai, “Predictive Coding for Robot Cognition,”International Symposium on Neuroscience of Consciousness: Beyond NCC, Chiba, Japan, July 24, 2017.
  8. Yukie Nagai, “Computational models for cognitive development,” ISSA Summer School 2017, Osaka, Japan, May 22-June 2, 2017.
  9. Yukie Nagai, “Predictive Learning: A Computational Account for Social Cognitive Development,” Lorentz Center Workshop “Perspectives on Developmental Robotics”, Leiden, the Netherlands, May 15-19, 2017.
  10. Yukie Nagai, “Cognitive Mirroring: Computational Approach to Understanding and Assisting Autism Spectrum Disorder,” International Symposium on Constructive Approach to Cognitive Development and Disorders, Bielefeld University, Bielefeld, Germany, March 13, 2017.

招待講演(国内)

  1. 熊谷晋一郎, “Recovery is Discovery:科学の民主化とリカバリー,” 新学術領域「「個性」創発脳」主催第1回市民公開講演会, 東京大学本郷キャンパス情報学環・福武ホール・福武ラーニングシアター, 2018年3月25日.
  2. 長井志江, “自閉スペクトラム症の視覚世界を体験 〜なぜ対人コミュニケーションが難しいのかを考える〜,” NPO法人チャレンジ・クラブ, 堺市総合福祉会館, 大阪府堺市, 2018年2月25日.
  3. 熊谷晋一郎, “誰もが生きやすい社会とは~ 津久井まゆり園の事件を通して,” 東京都社会福祉協議会知的発達障害部会人権擁護委員会人権フォーラム, 飯田橋セントラルプラザ12階会議室, 東京都新宿区, 2018年2月17日.
  4. 綾屋紗月, “発達障害当事者研究~ゆっくりていねいにつながりたい,” アメニティーフォーラム22, 琵琶湖大津プリンスホテル, 滋賀県大津市, 2018年2月9日.
  5. 熊谷晋一郎, “障害のある人が子どもをもち育てることへの支援,” アメニティーフォーラム22, 琵琶湖大津プリンスホテル,滋賀県大津市, 2018年2月9日.
  6. 長井志江, “ロボティクスが解き明かす脳の発達と発達障害,” 第17期金曜サイエンスサロン, 大阪科学技術センター, 大阪府大阪市, 2018年2月9日.
  7. 長井志江, “予測符号化仮説に基づく自閉スペクトラム症の視聴覚過敏・鈍麻の構成的理解,” 電子情報通信学会発達障害支援研究会 第5回「自閉症と音声」研究会, 東京大学, 東京都文京区, 2018年1月28日.
  8. 長井志江, “ASD視覚体験シミュレータ:当事者視点の体験による困難さの理解と共有,” 「みんなの当事者研究」出版記念シンポジウム, 東京大学先端科学技術研究センター, 東京都目黒区, 2018年1月28日.
  9. 長井志江, “認知ミラーリング:当事者視点に基づく発達障害者支援,” JST-NSF国際連携シンポジウム, コクヨホール, 東京都港区, 2017年12月20日.
  10. 熊谷晋一郎, “当事者研究とは何か,” 第36回日本看護科学学会学術集会, 仙台国際センター, 宮城県仙台市, 2017年12月17日.
  11. 熊谷晋一郎, “自己知の発見と共有を支援する技術: 見えにくい障害へのアプローチ,” 情報通信審議会情報通信政策部会IoT新時代の未来づくり検討委員会障害者サブワーキンググループ, 総務省11階第3特別会議室, 東京都千代田区, 2017年12月14日.
  12. 熊谷晋一郎, “障害者制度の今後: 見える障害・見えない障害,” 平成29年度基盤研究会3(障害と人権), 司法研修所別館, 埼玉県和光市, 2017年12月14日.
  13. 熊谷晋一郎, “慢性疾患があるこどもの自立と依存を考える: こども専門病院で必要な考え方,” 神奈川県立こども医療センター自立支援研修会, 神奈川県立こども医療センター, 神奈川県横浜市, 2017年12月11日.
  14. 長井志江, “認知発達ロボティクスによる認知機能の構成的理解と発達障害者支援,” 応用脳科学コンソーシアム CiNet 脳情報研究ワークショップ, AP品川アネックス, 東京都港区, 2017年12月8日.
  15. 長井志江, “脳の予測符号化理論に基づく認知発達モデルと発達障害,” 第4回金沢大学子どものこころサミット, 金沢大学, 石川県金沢市, 2017年11月30日~12月2日.
  16. 山下祐一, “認知(障害)原理を検証する 神経回路モデルの開発と評価,” 日本発達神経科学学会第6回学術集会, 情報通信研究機構脳情報通信融合研究センター, 大阪府吹田市, 2017年11月25日~27日.
  17. 和田真, “自閉スペクトラム症者における 感覚情報の予測と後測,” 日本発達神経科学学会第6回学術集会, 情報通信研究機構脳情報通信融合研究センター, 大阪府吹田市, 2017年11月25日~27日.
  18. 熊谷晋一郎, “当事者研究について,” 日本発達神経科学学会第6回学術集会, 情報通信研究機構脳情報通信融合研究センター, 大阪府吹田市, 2017年11月25日~27日.
  19. 長井志江, “認知ミラーリング:認知過程の自己理解と社会的共有による発達障害者支援,” 日本発達神経科学学会第6回学術集会, 情報通信研究機構脳情報通信融合研究センター, 大阪府吹田市, 2017年11月25日~26日.
  20. 熊谷晋一郎, “ソーシャルスキルから情報保障へ: 社会モデルに基づく就労支援に向けて,” 第27回日本産業衛生学会全国協議会, 高知県立県民文化ホール, 高知県高知市, 2017年11月23日.
  21. 熊谷晋一郎, “当事者研究への招待,” 第60回日本病院・地域精神医学会総会, まつもと市民芸術館, 長野県松本市, 2017年11月3日.
  22. 熊谷晋一郎, “障害のある人たちの自己理解総論,” 日本臨床心理士会, 東京ビッグサイト, 東京都江東区, 2017年10月5日.
  23. 熊谷晋一郎, “依存症自助グループの伝統と当事者研究,” 第28回日本嗜癖行動学会仙台大会, エル・パーク仙台, 宮城県仙台市, 2017年10月7日.
  24. 長井志江, “先端技術を社会へ!発達障害者支援の取り組み,” 【IoTスタートアップセミナー】 IoT・ロボット分野で起業をめざそう!!, 関西大学・梅田キャンパス, 大阪府大阪市, 2017年10月5日.
  25. 山下祐一, “脳の計算理論と先端情報技術に基づく感性的知覚・認知体験の共有,” 第19回 日本感性工学会大会, 筑波大学東京キャンパス, 東京都文京区, 2017年9月13日.
  26. 綾屋紗月,上岡陽江, “発達障害とアディクション~当事者研究をてがかりに,” 平成29年度アルコール・薬物依存関連学会合同学術総会/第39回日本アルコール関連問題学会, パシフィコ横浜, 神奈川県横浜市, 2017年9月9日.
  27. 長井志江, “共感の神経基盤:計算論的アプローチから探るミラーニューロンシステムの発達,” 「人に共感する人工知能」研究会, COREDO日本橋 オフィスタワ-, 東京都中央区, 2017年7月31日.
  28. 長井志江, “ロボットとこころ,” 第7回CiNetシンポジウム「脳情報は宝の山や!~おもろい研究とビジネスのスパイラル~」, 東京国際フォーラム, 東京都千代田区, 2017年6月29日.
  29. 長井志江, “自閉スペクトラム症の視覚世界を体験 〜対人コミュニケーションの難しさの理由に迫る〜,” 泉北支援教育研究会総会・研修会, 和泉市北部リージョンセンター, 大阪府和泉市, 2017年6月12日.
  30. 熊谷晋一郎, “当事者研究がめざす言葉・知識・価値のバリアフリー,” 日本福祉のまちづくり学会2017年度社員総会時公開セミナー「障害者の理解」, 日本大学理工学部5号館, 東京都千代田区, 2017年5月20日 .
  31. 長井志江, “ロボットが人の気持ちを分かるようになる仕組み,” シンポジウム「HANDAIロボット展から始まるロボットとの共生社会」, 大阪大学総合学術博物館, 大阪府豊中市, 2017年5月13日.
  32. 長井志江, “家族も支援者も自閉スペクトラム症の見ている世界を体験したい−阪大・東大グループによるシミュレータ開発の経緯と成果−,” 一般社団法人 WAKUWAKU PROJECT JAPAN 第2回信州・諏訪発:発達障害児・者と家族を応援するための講演会, 諏訪市いきいき元気館, 長野県諏訪市, 2017年4月23日.
  33. 長井志江, “人を理解するための人工知能研究:認知発達ロボティクスがもたらす未来,” Girls in Tech Japan「AI 人工知能のこれから 〜技術は短中長期的にどう社会に貢献するか〜」,アサヒガーデンラボ, 大阪府大阪市, 2017年2月23日.
  34. 長井志江, “自閉スペクトラム症の視覚世界を体験 ?なぜ対人コミュニケーションが難しいのかを考える?,” NPO法人チャレンジ・クラブ, 大阪, 堺市産業振興センター, 2017年1月22日.

口頭発表(国際)

  1. Niyati Rawal, Takato Horii, and Yukie Nagai, “How does visual attention to face develop in infancy?: A computational account,” HAI 2017 Workshop on Representation Learning for Human and Robot Cognition, Bielefeld, Germany, October 17, 2017.
  2. Yukie Nagai, “Cognitive Mirroring: Assisting people with developmental disorders by means of self-understanding and social sharing of cognitive processes,” HAI 2017 Workshop on Representation Learning for Human and Robot Cognition, Bielefeld, Germany, October 17, 2017.
  3. Yukie Nagai, “Cognitive Mirroring: Assisting people with developmental disorders by means of self-understanding and social sharing of cognitive processes,” Symposium on Cognitive Development for Human-Robot Friendly Interaction and Rehabilitation, Bielefeld, Germany, October 16, 2017.
  4. Hideyuki Idei, Shingo Murata, Yuichi Yamashita, and Tetsuya Ogata,“Altered Behavioral Flexibility and Generalization Induced by Reduced Heterogeneity of Intrinsic Neuronal Excitability: A Neurorobotics Study,” WPA World Congress of Psychiatry, Berlin, Germany, Octoer 8-12, 2017.
  5. Hayato Idei, Shingo Murata, Yiwen Chen, Yuichi Yamashita, Jun Tani, and Tetsuya Ogata, “Reduced Behavioral Flexibility by Aberrant Sensory Precision in Autism Spectrum Disorder: A Neurorobotics Experiment,” The 7th joint IEEE International Conference on Development and Learning (ICDL) and the International Conference on Epigenetic Robotics (EpiRob), Lisbon, Portugal, September 18-21, 2017.
  6. Yukie Nagai, “Mutual Shaping of Motionese and Infants’ Action Learning: A Robotic Approach,”The Biennial Meeting of the Society for Research in Child Development, Austin, USA, April 6-8, 2017.

口頭発表(国内)

  1. 辻田匡葵,一川誠, “視聴覚間時間再較正は視聴覚間の時間差に気付かなくても生じるのか?,” 第51回知覚コロキウム, 湯涌温泉かなや, 石川県金沢市, 2018年3月26日.
  2. Jyh-Jong Hsieh, Yukie Nagai, and Minoru Asada, “Phantom Noise Caused by Deficit of Prediction Ability in Autism Spectrum Disorder,” 情報処理学会第80回全国大会, 早稲田大学, 東京都新宿区, 2018年3月13日~15日.
  3. 和田真, “感覚間情報処理からみた自閉スペクトラム症の特徴,” 24回CAPS研究会, 関西学院大学, 兵庫県西宮市, 2018年1月26日.
  4. 長井志江, “認知発達ロボティクスによる認知発達と障害の発生機序の構成的理解,” 国立障害者リハビリテーションセンター, 埼玉県所沢市, 2018年1月26日.
  5. Jyh-Jong Hsieh, Yukie Nagai, and Minoru Asada, “Stochastic Resonance as a Potential Cause for Phantom Noise in Autism Spectrum Disorder,” HCGシンポジウム, 金沢歌舞伎座, 石川県金沢市, 2017年12月13日~15日.
  6. 山下 祐一, 片平 健太郎, “研究領域基準(RDoC)は有効か? 計算モデルによる精神医学研究ストラテジー評価方法の提案,” 第113回日本精神神経学会学術総会, 名古屋国際会議場, 愛知県名古屋市, 2017年6月22日~24日.
  7. 沖村 宰, 山下 祐一, 前田 貴記, “計算論的精神医学による統合失調症のSense of Agencyの異常の病態仮説,” 第113回日本精神神経学会学術総会, 名古屋国際会議場, 愛知県名古屋市, 2017年6月22日~24日.
  8. 長井志江, “自閉スペクトラム症の視覚世界を体験?なぜ対人コミュニケーションが難しいのかを考える?,” ASD視覚体験シミュレータ講演会&体験デモ, 東京, 東京大学先端科学技術研究センター, 2017年3月26日.
  9. 長井志江, “CREST「認知ミラーリング:認知過程の自己理解と社会的共有による発達障害者支援」,” CREST「認知ミラーリング:認知過程の自己理解と社会的共有による発達障害者支援」キックオフシンポジウム, 東京, 東京大学先端科学技術研究センター, 2017年3月26日.
  10. 長井志江, “認知ミラーリンググループ:認知(障害)原理に基づく認知ミラーリングシステムの開発及び評価,” CREST「認知ミラーリング:認知過程の自己理解と社会的共有による発達障害者支援」キックオフシンポジウム, 東京, 東京大学先端科学技術研究センター, 2017年3月26日.
  11. 熊谷晋一郎, “当事者研究グループ:認知(障害)原理の提案及び検証,” CREST「認知ミラーリング:認知過程の自己理解と社会的共有による発達障害者支援」キックオフシンポジウム, 東京, 東京大学先端科学技術研究センター, 2017年3月26日.
  12. 山下祐一, “計算モデルグループ:認知(障害)原理を検証する神経回路モデルの開発と評価,” CREST「認知ミラーリング:認知過程の自己理解と社会的共有による発達障害者支援」キックオフシンポジウム, 東京, 東京大学先端科学技術研究センター, 2017年3月26日.
  13. 鈴木悠平, “障害者支援グループ:認知ミラーリングシステムを用いた発達障害者の学習・就労支援,” CREST「認知ミラーリング:認知過程の自己理解と社会的共有による発達障害者支援」キックオフシンポジウム, 東京, 東京大学先端科学技術研究センター, 2017年3月26日.

ポスター発表(国際)

  1. Jyh-Jong Hsieh, Yukie Nagai, and Minoru Asada,“Deficit of Prediction Ability as A Potential Cause of Phantom Noise in Autism Spectrum Disorder,” The Annual Meeting of the Cognitive Neuroscience Society, Boston, USA, March 24-27, 2018.
  2. Kosuke Asada, Yoshikuni Tojo, Koichiro Hakarino, Atsuko Saito, Toshikazu Hasegawa, and Sinichiro Kumagaya, “Characteristics of body image in individuals with autism spectrum disorder,” 国際自閉症カンファレンス2017, 一橋講堂, 東京都千代田区, October 15, 2017.
  3. Yuichi Yamashita, Tsukasa Okimura, Masaru Mimura, and Takaki Maeda,“A computational approach to a linkage between the aberrant sense of agency and delayed prediction signal in schizophrenia,” WPA World Congress of Psychiatry, Berlin, Germany, October 8-12, 2017.

ポスター発表(国内)

  1. 熊谷晋一郎, 綾屋紗月, 上岡陽江, 山根耕平, 五十公野理恵子, 向谷地宣明, 宮路天平, 山口拓洋, 向谷地生良, “当事者研究を活用した自閉スペクトラム症に対する当事者主導型臨床試験の試み,” 日本臨床試験学会第9回学術集会総会, 仙台国際センター会議棟, 宮城県仙台市, 2018年2月23日.
  2. 和田真, 井手正和, 池田華子, 佐野美沙子, 田中有, 金樹英, 鈴木繭子, 東江浩美, 西牧謙吾, 深津玲子, 中島八十一, 宮崎真, “自閉スペクトラム症者における触覚時間順序判断中の視覚干渉効果,” 次世代脳プロジェクト2017年度冬のシンポジウム, 一橋講堂, 東京都千代田区, 2017年12月21日.
  3. 和田真, 池田華子, 浅田晃佑, 佐野美沙子, 深津玲子, 熊谷晋一郎, “自閉スペクトラム症者における触覚時間順序判断中の視覚干渉効果,” 日本発達神経科学学会第6回学術集会, 情報通信研究機構脳情報通信融合研究センター, 大阪府吹田市, 2017年11月25日~26日.
  4. 伴睦久, 熊谷晋一郎, “計算論的精神医学の圏論的構成と社会モデルへの拡張,” 日本発達神経科学学会第6回学術集会, 情報通信研究機構脳情報通信融合研究センター, 大阪府吹田市, 2017年11月25日~26日.
  5. 綾屋紗月, 上岡陽江, 向谷地生良, 熊谷晋一郎, “Ÿ当事者研究の方法における共通要素と多様性に関する研究,” 日本発達神経科学学会第6回学術集会, 情報通信研究機構脳情報通信融合研究センター, 大阪府吹田市, 2017年11月25日~26日.
  6. 熊谷晋一郎, 綾屋紗月, 上岡陽江, 向谷地生良, “自閉スペクトラム症に対する当事者主導型臨床試験の試み,” 日本発達神経科学学会第6回学術集会, 情報通信研究機構脳情報通信融合研究センター, 大阪府吹田市, 2017年11月25日~26日.
  7. 鈴木悠平, 本間美穂, 山本彩加, 熊谷晋一郎, 辻田匡葵, 長井志江, “非ASD者によるASD者への理解・共感を目的としたVR疑似体験ワークショップの開発と実証研究プロトコルの検討,” 日本発達神経科学学会第6回学術集会, 情報通信研究機構脳情報通信融合研究センター, 大阪府吹田市, 2017年11月25日~26日.
  8. 辻田匡葵, 熊谷晋一郎, 鈴木悠平, 本間美穂, 山本彩加, 長井志江, “自閉スペクトラム症視覚体験がスティグマに及ぼす影響の予備的検討,” 日本発達神経科学学会第6回学術集会, 情報通信研究機構脳情報通信融合研究センター, 大阪府吹田市, 2017年11月25日~26日.
  9. Jyh-Jong Hsieh, Yukie Nagai, Shinichiro Kumagaya, Satsuki Ayaya, and Minoru Asada, “A Synthetic Approach to Evaluate the Environmental Causes of Atypical Auditory Perception in Autism Spectrum Disorder,” 日本発達神経科学学会第6回学術集会, 情報通信研究機構脳情報通信融合研究センター, 大阪府吹田市, 2017年11月25日.
  10. Niyati Rawal and Yukie Nagai, “Computational Modelling Approach to Investigate the Development of Scan Paths in Infants,” 日本発達神経科学学会第6回学術集会, 情報通信研究機構脳情報通信融合研究センター, 大阪府吹田市, 2017年11月25日~26日.
  11. Jyh-Jong Hsieh, Yukie Nagai, and Minoru Asada, “Phantom Noise in Autism Spectrum Disorder: A Computational Model Based on Stochastic Resonance,” 生理研研究会2017 認知神経科学の先端「意識の脳内メカニズム」, 生理学研究所, 愛知県岡崎市, 2017年9月25日~26日.
  12. Beata J. Grzyb, Yukie Nagai, Minoru Asada, and Angelo Cangelosi, “Influence of object name learning on actions in young children: A computational study,” 日本赤ちゃん学会第17回学術集会, 福岡県久留米市, 2017年7月8日~9日.
  13. 中條亨一, 髙橋真麻, 村田真悟, 山下祐一, 尾形哲也, “3次元畳み込みを用いた深層学習による安静時機能的MRIの空間的次元圧縮,” 第19回日本ヒト脳機能マッピング学会, 京都大学, 2017年3月9日.

受賞

  1. Takato Horii, Yukie Nagai, and Minoru Asada, “Best Student Paper Award,” The 5th International Conference on Human-Agent Interaction, Bielefeld, Germany, October 20, 2017.

報道

  1. Science, “News: Does autism arise because the brain is continually surprised?,” 2018年3月9日.
  2. Spectrum, “How autism may stem from problems with prediction,” 2018年3月7日.
  3. Link Club Newsletter, “Design the Future: Technology – 当事者の気持ちに寄りそい真に役立つ支援をめざす,” 2018年1月15日.
  4. 日本経済新聞朝刊, “心をつなぐvol. 4 健常者を目指さなくても大丈夫,” 2017年12月8日.
  5. The Japan News by the Yomiuri Shimbun, “Zoom Up / Friends from the future,” 2017年12月4日.
  6. 北陸中日新聞, “ロボット技術応用 治療や研究を発表,” 2017年12月3日.
  7. TBS, “EARTH Lab −次の100年を考える−,” 2017年11月25日.
  8. 日刊工業新聞, “NICT先端研究/CiNet (16) ロボ通じ、人の理解・支援へ,” 2017年11月7日.
  9. 読売新聞, “ズームアップ「君は未来から来た友達」,” 2017年11月6日.
  10. 現代ビジネス, “小野美由紀×熊谷晋一郎人が「病む」のは、属している組織が「病んでいる」から:この社会に漂う「しんどさ」の原因,” 2017年10月1日.
  11. 現代ビジネス, “小野美由紀×熊谷晋一郎 日本社会ではいま「多数派」が一番苦しい? 二極化の先にあるもの:「こうあるべき」という規範がつらい…,” 2017年9月29日.
  12. 毎日新聞東京朝刊, “武田砂鉄の気になるこの人 現代人の「生きにくさ」,” 2017年9月23日.
  13. 毎日新聞東京朝刊, “不満、不安を分かち合おう, 論点 相模原殺傷1年,” 2017年7月28日.
  14. NHK総合, “クローズアップ現代+:シリーズ障害者殺傷事件の真実 “ヘイトクライム”新たな衝撃,” 2017年7月26日.
  15. NHK総合, “クローズアップ現代+:シリーズ障害者殺傷事件の真実 被告の手紙・遺族の声,” 2017年7月25日.
  16. 東京新聞朝刊, “相模原障害者殺傷1年 識者の思い 生きていてよい、それが人権なんだ,” 2017年7月23日.
  17. NスペPlus, “発達障害 解明される未知の世界,” 2017年7月7日.
  18. NHK Eテレ, “ちまたの話題のB面談義,” 2017年6月26日.
  19. NスペPlus, “「発達障害」の世界を映像化,” 2017年5月30日.
  20. J-CASTニュース, “発達障害の人が見る・聞く驚きの世界 最新科学と当事者が明かす向き合う方法(前編),” 2017年5月27日.
  21. NHK, “NHKスペシャル:発達障害~解明される未知の世界~,” 2017年5月21日.
  22. NHK, “おはよう日本,” 2017年5月20日.
  23. 読売新聞, “サイエンスBOX「自閉スペクトラム症(ASD)/特異な見え方疑似体験」,” 2017年4月14日.
  24. 信濃毎日新聞, “自閉症者 見える世界は 諏訪 23日に体験会,” 2017年4月13日.

その他

  1. 熊谷晋一郎, ・東ちづる“誰も排除しない/されない社会を目指す,”世界, vol.893, pp. 225-230, 2017.
  2. 熊谷晋一郎, 杉田俊介, ” 「障害者+健常者運動」最前線 : あいだをつなぐ「言葉」,”現代思想, vol.45, no.8, pp.34-53, 2017.
  3. 井手英策, 熊谷晋一郎, “アベノミクスに替わる選択肢は何か「頼り合える」社会の構築と財政について話そう,”中央公論, vol.131, no. 8, pp.114-123, 2017.
  4. 熊谷晋一郎, “障害とともに生きる,”臨床心理学,vol. 17, no. 2, pp.149-152, 2017.
  5. 熊谷晋一郎, “障害者差別問題と相模原事件,”精神科臨床サービス, vol. 17, no.3, 2017.
  6. 熊谷晋一郎, “報道に求められる視点-当事者研究というアプローチから,”新聞研究11月号, 2017.
  7. 國分功一郎・熊谷晋一郎,“Human Nature, Human Fate:「中動態」から始まる新しい〈わたし〉,”WIRED, vol. 30, pp. 24-37, 2017.
  8. 熊谷晋一郎・汐見稔幸,“自立の本当の意味は、依存先を増やしていくこと,”エデュカーレ, vol. 79, 2017.
  9. 熊谷晋一郎,“当事者の立場から考える自立とは,”リハビリテーション研究,vol. 170, pp. 8-10, 2017.
  10. 熊谷晋一郎,“強いられる他者の理解,”Atプラス:思想と活動, vol. 31, pp. 4-19, 2017.
  11. 小島健一, “人事労務戦略としての「健康経営」(3),” ビジネスガイド, (株)日本法令, 2017年5月号(通巻第838号), pp. 63-67, 2017年5月10日.